年の瀬に思うこと。2015年を振り返って。

日本ではNYより一足早く新年を迎えているので、僕のfacebookには友人達によるあけましておめでとうポストが連なっているのですが、こちらはまだ31日の午後7時を少し回ったところ。友人と遊びに出掛けるのはもう少し後なので、時差のことは置いておいて、新年への準備を整えるためにもここで2015年を振り返りたいと思います。

「変化」と「挑戦」

僕にとっての2015年は、まさに「変化」そして「挑戦」の1年だったように感じます。

6月に所属していた外資系法律事務所を退職し、独立。今は法務系を中心としていますが、翻訳の仕事もフリーランスで始めました。9月にはNYへ転居。しばらく明るい色にしていた髪の毛も色も黒くなりました。

挑戦については、本当に沢山の機会に恵まれまして。。表現の分野では2月にダンスとヴィジュアルプログラミング言語vvvvとのコラボレートイベント「Dancing PROTO x vvvv」を大好きな友人でvvvvプログラマーの吉岡純希氏と主催、3月には数年ぶりにピアノの演奏を再度vvvvのプログラマー3人(石津優子氏、吉岡純希氏、村田裕介氏)とコラボレートして発表。また同一のイベントにおいては、巫女舞の踊り手である横山章子氏と初めてのデュオ作品を発表させていただきました(映像プログラムを石津氏が担当)。さらに、5月にはハイライトの1つである東京は増上寺で行われた寺社フェス「向源」においてソロダンスパフォーマンスを、東京照明デザイン(TLD)矢野大輔氏、vvvvプログラマー・中野雄太氏とコラボレートし、2日間に渡って出演。約600人の前で踊ることになるなんて、全く予想していなかった(前述のDancing PROTO x vvvvでのパフォーマンスが数年ぶりのパフォーマンスでしたし。)ですが、作品に込めた思いが「祈り」だったため、驚くほど自然に踊れたことが記憶に鮮明に残っています。その後6月には僕が東京でお世話になっていたヨガスタジオ・Quan Ginzaの師岡絵美里先生主催のダンスショーケース「それはすべて愛のこと」にソロ及びデュオで出演させていただきました(パートナーは同じくQuan Ginzaインストラクターの大塚靖世先生)。このデュオ作品では、今まで自分が思いついたことのない動きであったり、表現であったりを、監修の師岡先生、パートナーの大塚先生のおかげで沢山引き出していただきました。そして8月。NY出発の直前に、ダンス・ライブペインティング・映像のコラボレート作品『The Rite of Spring』を発表させていただきました。この作品は本当に思い入れが深くて。。リハーサル期間が短かったこともあり、作品の完成度という意味ではまだまだだったと思うものの、約40分の作品を作るという初めての経験を素晴らしいチーム(ダンサーのMinami氏、Erin氏、画家のTowa氏、プログラマー上記中野氏)とともに達成できたことに、感動を覚えました。

また、料理の面ではデザイナーのIria Ashimine氏のお誘いにより、週末限定カフェ「Cafe Palette」を代官山にあるバーDaikanyama LODGEにて運営、 朝食やランチ、デザートの提供を、夏の3か月の間行いました。アルバイトを含め飲食業の経験は一切無かった僕ですが、「料理を提供する」ということを心から楽しみながら、この挑戦からも大きな学びをいただきました。また来年も別の形でこういった機会を作ろうかな。

そして、ヨガ。今年の始め頃まで考えていたよりも遥かに早くこの道への挑戦を始めることになりました。1年半前の自分はイギリス法の弁護士資格を取得してロンドンで働くことを計画していたことを考えると、本当に人生って何があるかわからないものだと思わされます。両親も本当にびっくりしたことでしょう(それでも一切反対せずにサポートしてくれる両親には感謝の念が絶えません)。それにしても、ヨガの道への挑戦により本当に偉大な挑戦の機会に恵まれたなと、たびたび思わされます。 ただただ愛に満ちた深い学びを得るための道のりを得た、というような感覚です。これについては言語で表現するのがまだ難しいのですが。。。前回のエントリーでヨガの道を志すきっかけを書いたので、もしよければそちらを読んでいただければと思います。

これら「変化」と「挑戦」の裏には、両親や姉兄、友人、お世話になった先生方、ダンサー仲間にプログラマーなどなど、沢山の方の協力と理解、支えがあり、彼ら無しでは経験することのできないことがほとんどです。皆さんには本当に感謝しています。

また、今年もまた数々の素晴らしい出会いや経験に恵まれました。飛び入りのように参加したタイでのヨガ・リトリート、京都で行われた親友Yの結婚式(号泣して顔が梅干しのようになったのも良き思い出。)、大阪で参加したパーティーでの素敵な東京の先輩方との出会い等々、書き出せば切りが無いほど沢山の思い出があることに感動すると同時に、また来年も色々な出会いと経験が待っているだろうことに興奮を覚えます。

2016年もより一層素晴らしい年になりますように。

2015年の僕に関わってくれた全ての人に感謝の気持ちと、平和で穏やかな年が訪れますようにという思いを込めながら、今年最後のエントリー終わります。みなさん、どうぞ良いお年をお迎えください。